生ごみ処理の「困った」をバイオの力が解決。バイオ式生ごみ処理機 BIO POWER

バイオ(微生物)による発酵技術で約90%の生ごみを消滅。
生ごみ処理の様々な問題を「BIO POWER」で解決できます。

生ごみ処理でこんなお悩みありませんか?

↓
そんな「困った」をバイオ式生ごみ処理機 BIO POWER が解決します!
バイオ式生ごみ処理機 BIO POWER イメージ

自然界の土壌から採取・培養したバイオ(微生物)による発酵(有機物の分解処理) 技術を採用し
約90%の生ごみを消滅させることが可能となります。

お問い合わせはこちら

ポイント01 生ごみ処理機の種類と特長

生ごみ処理機の種類

バイオ式
〈堆肥型〉
微生物の働きで生ごみを水蒸気、炭酸ガス、無機物に分解処理。処理後の生成物は良質な堆肥や土壌活性剤として利用可能。排水処理は不要。
バイオ式
〈排水型〉
微生物の働きで生ごみを分解及び細断し、シャワー機で排水とともに流し、処理。
グリストラップ、浄化装置、排水処理装置が必要。
乾燥式
生ごみを加熱し水分を蒸発させ乾燥。
乾燥処理後、廃棄物として処分。
排水処理は不要。

ポイント02 処理問題について

生ごみは水分量も多く腐敗するために
発生後に環境、処理、保管にさまざまな問題が発生します。

  • 埋め立て

    埋め立て

    セメントで固めてブロック化する方法なども開発されているが埋め立てる場所の確保や環境汚染が懸念されている。

  • 乾燥式

    乾燥式

    乾燥させて焼却をしているが、乾燥のために大量の電気エネルギーを消費している。

  • 処理業者利用

    処理業者利用

    随時回収が不可能なため、腐敗臭発生。ランニングコストが高い。

  • 焼却

    焼却

    水分を多く含む焼却には化石燃料を使用しており、大量のCO2を排出/電気エネルギーも消費。近年、有毒なダイオキシン類の発生事件も多い。

↓
  • 環境問題
  • 安全性の問題
  • コスト問題

ポイント03 資源循環サイクルの構築

BIO POWERを導入することで、
資源循環サイクルの構築も可能となります。

BIO POWER 導入前
廃棄物処理費の高騰、CO2を削減するには?
↓
資源循環サイクル
さまざまな《問題・課題》をバイオ菌が解決します!
お問い合わせはこちら

ポイント04 バイオ菌を利用するメリット

  • 生ごみを分解消滅
    減量率
    約90%
  • 従来の分解菌より
    約2倍の
    分解スピード
  • 臭気発生前に分解
    臭いが
    発生しにくい
  • 汚水がでないので
    排水設備
    不要
  • 従来の菌では不可能な
    油分を含む
    生ごみも可能
  • 廃棄物処理業者不要
    ランニング
    コストの削減
  • 人体や動物への
    安全性
    確認済み
  • 菌床の調整より
    肥料として
    再利用可能

減量されてできた土はミネラルが豊富であり、
堆肥として再利用することで
食品リサイクルループが構築できます!

↓
食品リサイクルループ

食品リサイクル法による
対象企業への取組強化

食品の売れ残りや食べ残し、製造・加工・調理の過程において生じたくずなど、食品廃棄物の発生抑制と再生利用のために食品関連事業者などが取組むべき事項が規定されています。

※食品の売れ残りや食べ残し、製造・加工・調理の過程において生じたくずなど、食品廃棄物の
発生抑制と再生利用のために食品関連事業者などが取組むべき事項が規定されています。

ポイント05 貢献するSDGs

社会問題・課題に正面から向き合い、
事業を通じて、持続可能な社会の実現に貢献します。

  • 1 貧困をなくそう
  • 2 飢餓をゼロに
  • 12 つくる責任 つかう責任
  • 13 気候変動に具体的な対策を
  • 15 陸の豊かさも守ろう

SDGsとは?

SDGs(持続可能な開発目標)とは、あらゆる形態の貧困に終止符を打ち、不平等と闘い、気候変動に対処しながら、誰一人取り残されないようにするため、国連加盟国で採択された目標のこと。17のグローバル目標と169のターゲットからなる具体的行動指針。

「BIO POWER」を応援します!

「BIO POWER」は、食品由来の廃棄物等を減量し、堆肥化することにより、食品リサイクル法や地域の廃棄物行政が抱える課題を踏まえた仕組みになっています。
特に、微生物の力を利用して食品廃棄物の自然循環を構築する点が、SDGsの観点からも、課題解決に向けた意欲的な試みです。

安井潤一郎氏

安井潤一郎氏

1950年(昭和25年)2月19日/東京都新宿区生まれ
早稲田中学、早稲田高校、早稲田大学に学んだ生粋の早稲田っ子
1981~2006年/株式会社稲毛屋代表取締役
1991~92年/地元の新宿区立戸塚第一小学校PTA会長
1993~2006年/早稲田商店会長
2005年9月~2009年7月/衆議院議員
2015年4月/内閣府 地域活性化伝道師に就任
何も無い早稲田の町に日本中の修学旅行の生徒が見学に来る、「ごみ減量リサイク ル」が「まちづくり」へと進化し、定住人口が増加という奇想天外な「まち場」の活動を展開中。

  • ・元衆議院議員
  • ・自由民主党議員連盟(通称)「あきんど議連」 顧問
  • ・株式会社商店街ネットワーク代表取締役
  • ・株式会社稲毛屋取締役会長
  • ・新宿区リサイクル清掃審議会 委員
  • ・ 〃 景観まちづくり審議会 委員
  • ・ 〃 商店会連合会 副会長・事業部長
  • ・ 〃 生鮮三品小売店連絡会 副会長
  • ・東京都食肉事業協同組合 常務理事
  • ・NPO法人全国商店街まちづくり実行委員会 理事長
  • ・一般社団法人 資源循環型地域づくり協議会 理事長 https://community-association.net/
  • ・商店街活性化デジタル事業協同組合 理事長 https://d-syoutengai.com
  • ・アトム通貨 会長 http://atom-community.jp/
  • ・一般社団法人日本ブラジリアン柔術連盟 顧問
  • ・一般社団法人ハートグリーン 顧問
  • ・社会福祉法人結の会 理事

ポイント06 製品情報

業務用・バイオ式生ごみ処理機 BIO POWER

3つのタイプから用途に合わせて
お選びいただけます!

業務用・バイオ式生ごみ処理機 BIO-POWER-1000R BIO-POWER-500R BIO-POWER-100R
業務用・バイオ式生ごみ処理機 BIO-POWER スペック表
BIO POWERの特長

企業概要

お客さまに安心してご利用いただけるために、
適切な機器の選定から設置・アフターケアなど迅速に対応致します。

社名 バイオセラー東日本 株式会社
所在地 東京都千代田区神田須田町2-25 GYB秋葉原 4F
TEL/FAX 03-6859-7266/03-6859-7221
代表取締役 向井 豊秀
資本金 950万円
設立 2021年1月13日
バイオセラー東日本 株式会社 東京都千代田区神田須田町2-25 GYB秋葉原 4F
お問い合わせはこちら